エッセイ

ギターや音楽に関する事柄をのんびりと更新しています。

作品や作曲家についての簡単な情報と共にオーディオ・サンプルも更新しています。


フェデリコ・モレノ・トローバ:スペインの城: トリーハ(哀歌)

トリーハ城

フェデリコ・モレーノ・トローバがスペインのカスティージャ地方にある幾つかの城を題材として作曲した作品集「スペインの城」の中の1曲「トリーハ」。『ヘネラシオン・デル・98』やスペイン国民楽派の父であるフェリペ・ペドレルの影響など当時のスペインの背景とからめてとりあげます。かなり昔にトリーハ城を観光した際の回想記付き。

カテゴリ: 

エイトル・ヴィラ=ロボス:ショーロス第1番

エイトル・ヴィラ=ロボス:ショーロス第1番

ヴィラ=ロボスのギター曲の中でもとりわけ有名な「ショーロス第1番」は1920年にリオ・デ・ジャネイロにて作曲され「典型的なショーロ(Chôro típico)」、その後「ブラジルの典型的なショーロ(Chôro típico brasileiro)」として出版されました。

エクトル・アジャラ:グアラニア(セリエ・アメリカーナ)

エクトル・アジャラ(Héctor Ayala)は1914年4月11日にアルゼンチンのエントレ・リオス県にあるコンコルディアという町に生まれました。ギター奏者・ギター教師・作曲家として活躍したアジャラですが、彼は人生のほとんどをブエノス・アイレスで過ごしました。