ヘネラシオン・デル・27 | その4 ドゥエンデ

フェデリコ・ガルシーア・ロルカ

(特にフラメンコの影響を受けた)スペイン文化を語る上で、ドゥエンデという言葉が良く出てきます。非常に重要でいて、以外と分かりにくい概念かも知れません。

ロルカの芸術とも切っても切りはなせない、このドゥエンデについて、1933年にアルゼンチンのブエノス・アイレスでのロルカの講演会、「ドゥエンデの理論と役割(Teoría y juego del duende)」から一部分を紹介したいと思います。

 

「ドゥエンデの理論と役割(Teoría y juego del duende)

このドゥエンデと言う概念はフラメンコ文化と密接な関係がある概念として知られていますが、彼の理論を聞いてみると、むしろ芸術に於ける普遍的な核心部分を彼独自のメタファー(隠喩)を用いて視覚化している様に思えます。

まず、直観的でとても分かりやすく、とても面白いと思った部分を紹介したいと思います。

 

“年配のジプシーである踊り手「ラ・マレーナ」がある日、ブライロフスキーがバッハの曲の一部を演奏するのを聴き、「オレ!これはドゥエンデがある!」と叫んだ”

 

“ マヌエル・トレ、私が知る誰よりも血の中に生まれ持った教養を備える男、がファリャ自ら演奏する「ヘネラリフェの夜想曲」を聴いて,「黒い音がある音楽は常にドゥエンデを伴うものだ」という名文を残した”

 

“これらの黒い音はミステリーである。それは我々全てがその存在に気付き、かつそれを無視する泥に絡み付く根っこ、しかしながら芸術の本質から来るものである ”

 

マヌエル・トレ(Manuel Torre)、本名マヌエル・ソト・ロレト(Manuel Soto Loreto)は伝説のヒターノ(ジプシー)のカンタオール(フラメンコの歌手)として知られ、文盲であるにもかかわらず、自らの芸術に関する事柄全てに造詣が深く、ロルカをして上記の様に言わしめました。そして以下にゲーテの言葉を引用し、ドゥエンデ、黒い音、そしてパガニーニの音楽の持つ力についての同一性を語っています。

 

 

“スペインの俗な男の言う黒い音は、ゲーテがパガニーニについて語った、「皆が感じるが、どの哲学者も説明出来ない神秘的な力」という、ドゥエンデの定義と一致する”

 

 

ゲーテはニコロ・パガニーニの ヴァイオリン演奏を実際に聞いた際、ヴァイオリンの伝統的な調べに平行して、悪魔的な火花が散るのを感じたと言います。パガニーニは初めて音楽の持つ悪魔的側面をもたらしたのです。

 

“天使とミューズは外界からやってくる; 天使は光を、ミューズは形を与える (ヘーシオドスはそれらから学んだ)。金箔かトゥニカ(古代ギリシャローマ人が着たガウンのような上着)、詩人は月桂樹の森から規則を学ぶのである。ところが、ドゥエンデは、血の最後の片隅でそれを目覚ませないといけないのである”

 

 

ギリシャ文化に深く影響を受ける傍ら、前衛的で常に新しい表現方法と解釈を探し求めるロルカは、天使や女神などが象徴する一般的概念を、彼独自に定義し直して用いるところが大変興味深いです。

彼に言わせると、天使は優美さとひらめきを(ガルシラソの詩)、ミューズは英知を(ゴンゴラの詩)象徴し、ドゥエンデは内面から発生するものだそうです。ロルカについての専門家であるマリー・ラフランキ(Marie Laffranque)によると、ドゥエンデとは痛みそのもの、痛み, 悪、不幸に対してあきらめる事の無い分別のことだそうです。

 

“ドゥエンデは死の可能性を見なければ、現れる事は無い。

天使とミューズはヴァイオリンとコンパスを伴って逃避するが、ドゥエンデは我々を傷つける。そして決して癒える事の無いその傷の治癒の中に、人間の創作物から生まれた奇妙なものが存在するのである”

 

現実の本質を詩によって明らかにする上で、ロルカは常に「解釈」という行程を阻害するあらゆる種類の写実主義的美学を拒絶してきました。詩にとって現実を参照するだけでは、明らかに不足があり、それを象徴し解釈し直すことが必要だと考えたからです。そしてこのドゥエンデのお陰で、芸術が一体化する事によって意思の疎通が容易になり、それが超越したものになると考えたのです。

 

“詩の魔法の様な力は、薄暗い水によってそれを見る全ての人々を洗礼する為に、常にドゥエンデで満たされているところにある。なぜならばドゥエンデがあると、愛すること、理解する事が容易に、そして、愛される事、理解される事が確実になるからで、この表現や表現の伝達に於ける奮闘は、詩の世界では、しばしば、 死すべき性格が必要なのである”

 

 

上記の引用のそれぞれが端的に示している様に、ドゥエンデは社会的地位とも教育水準とも国籍とも関連が無く、勉強や鍛錬で習得出来るものでもない、人間の血の中にある特殊なもの、しかもなかなか顔を出さない厄介なものなのです。そしてロルカは知性、ひらめき、そしてこの何か、つまりドゥエンデが一体化してはじめて真の芸術が生まれる、と考えているのです。まさにそれこそが彼の芸術や芸術論に普遍性をもたらす所以なのではないでしょうか。

 

最後に彼の詩に対する考えが非常に明瞭に示された部分を、詩集「印象と風景」(1918)の前書きから引用したいと思います。

 

“詩は醜いもの、美しいもの、不快なもの、あらゆる事柄の中に存在する。難しいのは、それを如何に発見し、その魂の深い湖を目覚めさせるか、を知る事である。 精神の素晴らしいところは、ある感動を受動し、それを全て異なり、そして相反する様々な方法で解釈する事である”

 

 

ロルカは死に対して強い執着がありましたが、”創造する事に計り知れない喜びを感じる”と述べていた様に、彼の中に詩と生命の間に敵対する関係は決してありませんでした。詩は現実からの逃避ではなく、現実を愛で満たす手段だったのでは無いでしょうか。

参照: 

写真提供: Fundación Federico García Lorca

続き:ヘネラシオン・デル・27 | その5 ギターのなぞなぞ <ブリンドル:黄金のポリフェーモ>

コメントを追加