マヌエル・デ・ファリャ

  • マヌエル・デ・ファリャ:ドビュッシー墓碑銘のための賛歌

    スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャ(1876年〜1946年)の音楽はスペイン・ロマン派的国民楽派から前衛派、新古典主義に至るまで様々な様式に変遷しましたが、作曲家人生のほぼ全てを通じてスペイン民謡やフラメンコ音楽の要素を曲の中に取り入れ続けました。この賛歌はファリャがマドリッドやパリに住 んだ後、グラナダに居を移している期間中に書かれたものです。その際は友人である作曲家アンヘル・バリオスが住居探しなどの手伝いをしました。