Kazu Suwa (諏訪和慶)| クラシック・ギターリスト

イギリス、ロンドンを拠点とする日本人クラシックギタリスト諏訪和慶(Kazu Suwa)のホームページへようこそ。

最新ニュースやアルバム・リリース、コンサート情報に加え、音楽に関するエッセイや数多くのオーディオ/ビデオ・レコーディング・コレクション「ミュージック・ライブラリー」がお楽しみいただけます。

フィーチャー・レコーディング:

ミュージック・ライブラリーからオーディオ又はビデオ・レコーディングを日替わりで3曲ピックアップ。

フェデリコ・モンポウ:コンポステラ組曲:前奏曲・ コラール・子守唄・ムニェイラ

フェデリコ・モンポウ作曲「コンポステラ組曲」から「前奏曲」・「コラール」・「子守唄」・「ムニェイラ」の試聴。

武満徹:森の中で:1. ウェインスコット・ポンド

武満徹作曲、森の中で(ギターのための3つの小品 )よりウェインスコット・ポンドの試聴。ジョン・ウィリアムズに献呈。

マヌエル・デ・ファリャ:ドビュッシー墓碑銘のための賛歌

スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャ(1876年〜1946年)の音楽はスペイン・ロマン派的国民楽派から前衛派、新古典主義に至るまで様々な様式に変遷しましたが、…

エッセイ:

フェデリコ・モンポウ:コンポステラ組曲

コンポステラ組曲はフェデリコ・モンポウが唯一ギターの為に書いたオリジナル作品で1962年に作曲されアンドレス・セゴビアに献呈されています。この組曲には、スペインの北西部ガリシアの歴史的な街、…

フランシスコ・タレガ:アデリータ (マズルカ)

ある伝説によると、曲名のアデリータとはスペインの王、アルフォンソ12世の内縁の娘、アデーラ・アイメリチに由来しているそうです。タレガはフレデリック・…

フェデリコ・モンポウ:ギターの為の歌と踊り第10番(アルフォンソ10世の2つのカンティガによる)

フェデリコ・モンポウのギターの為の歌と踊り第10番は1953年にピアノの為に作曲され、その後モンポウ自らの手によってギターの為に編曲されたもので、カスティージャ王アルフォンソ10世…

マヌエル・デ・ファリャ:ドビュッシー墓碑銘のための賛歌 27年世代 その6

このエッセイではマヌエル・デ・ファリャがギターの為に作曲した唯一の作品「ドビュッシー讃歌」や彼のグラナダの文化との非常に密接な繋がり、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ、アンヘル・バリオス、クロード・…

スペインの歴史的ギター: エルナンデス・イ・アグアド

エルナンデス・イ・アグアドはスペインのマドリッドにある歴史的ギター製作工房の一つで、エルナンデスとアグアドという二人の職人がお互いに協力してギターを製作していました。モデスト・ボレゲロはマヌエル・…